当社には社員を応援し、活躍できる環境が充実しています

SOMPOホールディングスグループは、グループ経営基本方針で「活力ある風土の実現」を掲げ、グループ内の組織活性化を積極的に図り、自由闊達・オープンで活力溢れるグループを実現するために、多様な人材の個性を活かし、自ら考え、学び、常に高い目標にチャレンジできるよう「ダイバーシティの推進」を積極的に取り組んでいます。

女性活躍推進

当社は従業員の95%が女性です。女性が組織の中で担う役割はとても重要であり、全社を挙げて様々なサポートに注力しています。ワークライフバランス支援をはじめ、女性管理職の積極的登用を進めており、個人のキャリア志向型にあわせ、仕事の充実や個人の実力を発揮できる職場づくりを進めています。

女性活躍推進法・次世代法に基づく行動計画

「次世代育成支援対策推進法」(2005年4月1日施行)「女性の職業生活における活躍の推進に関わる法律」(2016年4月1日施行)に基づいて、当社は従業員が一層働きやすい環境を目指します。

当社では、多くの女性が出産・育児・介護の各種制度を利用しながら働いています。各種制度を利用している女性およびサポートする他の従業員の活躍を更に進めていくために、次のとおり行動計画を策定しました。

1.計画期間

2016年4月1日~2019年3月31日(3年間)

2.当社の課題

【課題1】

育児・介護関連制度を利用して活躍する女性、およびサポートする他の従業員にとって「仕事と家庭の両立」を更に進め、女性が長期継続勤務できるように制度の充実を図る必要がある。

 

【課題2】

当社で働く従業員全員の更なる「仕事と家庭の両立」を図るために、年次有給休暇の取得率アップを図る必要がある。

3.目標と取組み内容・実施時期

【目標1】育児・介護関連制度を更に充実させる

<対策>

  • 2016年 2月~ 介護相談会の実施 
  • 2016年 4月~ 育児・介護関連制度の見直し
    ・育児短時間勤務の時間帯追加
    ・介護のための時間外勤務等の制限、制度内容の理解促進等の検討・実施
  • 2016年10月~ 育児・介護休業者の復職支援に関するサポート、制度の理解を深めるための情報提供を実施
  • 2017年 4月~ キャリアアップに関する支援の検討・実施
  • 2018年 4月~ 育児・介護関連制度の更なる充実の検討・実施

【目標2】年次有給休暇の取得5日以下の割合を5%以下、制度休暇の取得率を98%以上とする

※制度休暇・・・アニバーサリー休暇・3Days休暇・5Days休暇

<対策>

  • 2016年 4月~ 年休の更なる取得推進のため、現在の有給休暇制度において連続取得を推進
    各職場にて2016年度の休暇取得計画策定
  • 2016年10月~ 休暇の取得状況を把握・管理のサポート・下期に向けた休暇取得の推進

仕事とプライベートの両立支援

保険契約事務の「バックオフィス・アウトソーサー」そして、「事務部門の砦」として高い専門スキルや正確性・迅速性を伴った円滑な事務処理を提供しつづけるため、従業員のスキルアップとともに、個人の心身の健康を大切にしています。

  1. ノー残業デーの実施
    メリハリをつけ効率的に仕事をするためにも、「ノー残業デー」を職場単位で毎月4回設定し、実施しています。
    また、毎月第3金曜日は全社一斉ノー残業デーとし、早帰りを推進しています。
  2. 計画的休暇取得の推進
    年間計画表を作成したり、1か月の休暇予定表の作成など、年休や連続休暇が取りやすい環境作り・風土作りにもしっかり取り組んでいます。年間5日以上の有給休暇取得を必須としています。
  3. 育児・介護休暇取得の推進
    育児関連制度・介護関連制度が充実しており、それぞれのライフステージに合わせた勤務時間・休業・休暇取得が可能となっています。

キャリアアップ

職員が事務処理のプロフェッショナルになることを支援するため人材育成システム(研修プログラムと人事制度が密接に絡んだシステム)を構築しています。

当社の人材育成のポイントは、以下のとおりです。

  1. 環境の変化を確実に捉え、自ら進んでキャリアアップし続ける「自立型人材」を育成
  2. チャレンジ精神を発揮し、常に効率的・効果的な仕事の運営を「自ら考え行動する人材」を育成
  3. キャリアアップビジョン(こうありたい自分、こうなりたい自分)を実現するための能力開発を支援

ジョブチャレンジ制度

活躍のチャンスや実力を発揮できる機会として社内公募ポストを用意し、対象職員が自らの意思で応募できる「ジョブチャレ制度」があります。職員一人ひとりの自主的なキャリア形成・能力開発・専門性強化を支援しています。

職員登用制度

意欲、能力のある一般嘱託・契約社員・スタッフ・パートタイマーを対象とした職員登用制度があります。

例えば、一般嘱託・契約社員・スタッフ・パートタイマーで本人が希望し、職員登用試験に合格すれば、職員へ活躍のフィールドを広げることができます。 

にじいろプロジェクト

当社では、2016年4月に定めた「女性活躍推進法・次世代法に基づく行動計画」のとおり、従業員がより一層働きやすい職場となるよう、育児・介護関連制度について実効性のある制度づくりを目的に、従業員代表の声を集める場として「にじいろプロジェクト」を立ち上げています。

「にじいろプロジェクト」では、「ダイバーシティ推進」「働き方改革」等をテーマとし、管理部門と従業員代表のメンバーと一体となって、働きやすい職場環境には、どのような制度や働き方改革が必要か検討しています。

従業員の意見を大切にする環境が整備されています。

中高年活躍

少子高齢化が進むなか、中高年層の従業員への支援を目的とした各種取組みを実施しています。

ライフデザイン研修

中高年層の職員への支援策として、46歳以上の職員を対象に「ライフデザイン研修」を実施します。

この研修は、中高年のキャリアプラン・ライフプランに関する具体的な知識および情報を得ることにより、自らがこれからの人生における「働き方」「学び方」「楽しみ方」等『生き方(ライフデザイン)』を真剣に考え、見直すことを目的に実施しています。

ライフステージに応じた勤務

平成25年4月施行の改正高年齢者雇用安定法が制定を受け、当社でも本法律に基づき、定年後65歳までの雇用継続の仕組みとして再雇用制度を整えています。

ライフステージに応じて勤務と活躍フィールドの拡大を支援しています。


障がい者活躍

積極的に嘱託(障がい者)採用を実施し、誰もが活躍できる職場づくりに力を入れています。

就業体験の情報発信

ウェスタ川越において、ジョブセンター川越主催の第11回就職セミナー「わたしたちの就職体験談~自分らしく働くために~」が開催され、当社従業員が講師として参加しています。

本セミナーは、障害を抱えている方やご家族、教育機関関係者などを対象としたセミナーです。当社の障がい者活躍に関する就職体験や現在の勤務内容など、「長く就労するための秘訣」等の情報発信を行っています。


健康経営

健康経営の取組み

1.グループ経営理念

SOMPOホールディングスグループは、お客さまの視点ですべての価値判断を行い、保険を基盤としてさらに幅広い事業活動を通じ、お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービスをご提供し、社会に貢献します。

2.当社の健康経営の取組み
SOMPOホールディングスグループの経営理念である「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービス」を実現するためは、「社員およびその家族の健康が大切である」という考え方のもと、健康維持・増進につながる様々な取組みを実施しています。

【主な取組み】

・健康セミナーの実施や社員の健康意識向上のための情報発信など、従業員の健康管理・健康づくりに資する施策を年間を通じて行います。

・社外機関による健康企業認定を継続して取得します。

・労働時間管理を適切に行い、超過勤務時間を削減します。

3.健康経営推進体制

当社では、以下の体制により健康経営を推進します。